「レイク パウエル リゾーツ & マリーナ」 お部屋 【その16】

グレンキャニオンダムの後は、
この日のお宿がある「レイクパウエル」へ。

アリゾナ州からユタ州にまたがる一大リゾート地が
「レイクパウエル」です。

先ほど見学したグレンキャニオンダムによってこの
湖はできました。
人口湖としての広さは全米第2位です。

この湖にあるリゾートが、
「レイク パウエル リゾーツ & マリーナ」です。
f0128714_1513413.jpg




ずーっと岩ばかり見ていたので、
湖を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすために
予約をした宿です。

高級リゾートホテルというよりは、
ファミリー向けのリゾートホテルという雰囲気で、
皆さんとってもフレンドリーに接してくれます。

チェックインを済ませ本日のお部屋へ。
もちろんスタッフはつきません。

この日宿泊する部屋は結構広さがあり、
バルコニーからは中庭、そしてプール
f0128714_15223570.jpg

その向こうには湖が望めます。

まずは、お部屋の電気つけなきゃ!
と思い間接照明のスイッチをONにしてビックリ!
電気切れているところが2箇所もあるじゃないですか。
日本では考えられません。

隣の部屋を掃除しているスタッフに
電球を持ってきてもらえるようにお願いしたのですが、
持ってきてくれたものを見てこれまたビックリ!!

ワット数が違うんですよぉー
えっ?違うけど・・・・
という表情をしてスタッフを見つめていると、
「大丈夫!ほぉーらね」
と電気が点いたのを確認し、ニッコリとほほ笑んでくれました。

まぁー電気は点くから問題はないのですが・・・
本当にいいのか?
これで。。。。
イタリア的なアバウト感があり驚きです。

いい加減なところもあるホテルですが、
国立公園内ロッジと違って冷蔵庫があり、テレビも液晶。
f0128714_15195288.jpg

お部屋はワンベットルームで、
ベットが広ぉ~い。
f0128714_15204044.jpg

お部屋でゆっくりと和みはじめると
リゾートホテルのような快適さを感じることはできます。

お風呂はやっぱりユニットバス。
この辺の宿はリゾートといっても、
お風呂の広さは国立公園の宿もリゾートの宿と
変わらないようです。

ユニットバスといっても、
日本のような小さなお風呂じゃないからいいんだけど。
国立公園じゃなくリゾートホテルなんだから、
泡風呂くらいできる広さや設備があるといいのになぁ~

ではこちらのリゾートに施設についての説明しま~す!

----------------------------
「レイク パウエル リゾーツ & マリーナ」

upしているアメリカ旅行紀の全体を見たい方は tagsの「2008年 アメリカ旅行」をクリックしてください
[PR]
by yumicyama2 | 2008-12-07 15:23 | ちょっとそこまで♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9845865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「レイク パウエル リゾーツ ... 「ささ木」 和食 飯田橋 >>