「グレン・キャニオン・ダム 」 【その15】

レイクパウエルにいく途中で
「Glen Canyon Dam(グレン・キャニオン・ダム )」に立ち寄りました。
f0128714_2262554.jpg




グレンキャニオンダムは、
アメリカ合衆国西部への水の供給と
発電を目的としてつくられたダムだそうです。
f0128714_2281014.jpg

1956年10月に着工され、
966年9月に完成。

さらに、キャニオンに水が溜まり始めてから
満水になるまでは実に17年もの時間がかかったそうです。
このダムにより世界で二番目に大きい
人造湖であるパウエル湖が作られました。
f0128714_2292846.jpg

日本にあるダムが、
どのくらいの年月をかけて
満水にしているのか分かりませんが、
17年ってすごいですよねぇー

このダムが出現したおかげで美しい湖とペイジの町が生まれ、
全米から観光客が集まる一大レクレションエリアとなったそうです。
地球環境破壊が原因なのか水位低下しているそうです。
f0128714_221158.jpg

グレンキャニオンダムの管理事務所は、入場無料。
でも、入場するのにテロ以降厳しいセキュリティーチエックがあります。

ダムを作るときに出てきたのでしょうか?
f0128714_2212661.jpg

化石らしきものが展示されていたり、
映像が見れるお部屋があったり
とダムの歴史を学ぶことができます。
f0128714_10354755.jpg

また、時間が合えばダム見学ができるツアーもあるので、
ツアーに参加するのも楽しいのかもしれません。

upしているアメリカ旅行紀の全体を見たい方は tagsの「2008年 アメリカ旅行」をクリックしてください
[PR]
by yumicyama2 | 2008-12-01 22:02 | ちょっとそこまで♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9809580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「大戸屋」 定食屋 高田馬場 神楽坂散歩 >>