「季」 和食 目白

目白の住宅街にひっそりとある「季」へいってきました。
入口は短い竹林になっていて、
足元の石畳にそって進んでいくと
入口へ導いてくれます。
f0128714_13435034.jpg




黒のテーブル席のみで、
モノトーンを基調にしたシンプルな店内です。

静かに音楽が流れていて、
目白マダムたちで店内はいっぱいです。
私のように仕事の合間のランチで
来ている人はいないんですよ。

どんな贅沢ランチが頂けるか楽しみです。

ランチは「おまかせ」のみで1500円。
もう少し豪華なランチを頂きたい場合は
予約をすれば対応してくれます。

まずテーブルにだされたのは、
きのこごはん
f0128714_13435022.jpg

せいろで蒸したてのものを
運んできてくれます。

目の前に出てきたきのこの香りにビックリ!
贅沢な秋の香りです。
きのこご飯は口にいれると鼻から
きのこの香り抜けていきます。

一緒にでてきた赤だしですが、
これがまた上品なお味で、
上品すぎる量です。

お椀にたくさん注ぐのは、
下品ってことなんでしょうね。

次に目の前に出されたのは、
f0128714_1343504.jpg

四角いお重のような入れ物に入れられた料理。
f0128714_13435031.jpg

●真鯛の刺身
小鉢に入った真鯛の刺身は、
新鮮で美味しかったです。

●昆布で巻いた青魚の甘露煮
絶妙な醤油味の甘味が青魚にしみ、
これに昆布のうま味が加わって
いい味なんですよ。

●だし巻き
裏ごしされたとき卵を上品な甘みで仕上げた1品。

●くり
この時期だからなんでしょうか。
甘栗が添えられてました。
こちらも上品な甘さで美味しかった。
f0128714_13435013.jpg

●大根
煮物のお椀としてでてきたのが大根。
アツアツの器に入れられている大根は
包丁で細工がされていて、
手が込んでいます。

そして、まわりに添えられている
卵の黄身、酒かすで味付けられたソースが
大人の味です。

昼からお酒が飲めるなら
日本酒と頂けばバッチリです。

量だけを考えるとちょっとお高めなんですが、
凄く手が込んでいる料理が頂けるので、
それを考えると無難な値段だと思えます。

--------------------
「季(とき)」
http://www.mejiro-toki.com/
住所:東京都 豊島区 目白3-7-6
電話:03-3565-3028
営業時間:11:00~13:30 17:30~22:00

日本料理 季 ( 目白 / 懐石料理 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


[PR]
by yumicyama2 | 2008-11-26 20:43 | ラ ン チ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9781231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サウスポー at 2008-11-29 18:15 x
うんうん。ここ知ってる。。雰囲気いいですよね。
Commented by yumicyama2 at 2008-11-29 20:06
★サウスポーさん
ご存知でしたか!
後から知ったのですが、
こちらのご主人は料理の鉄人にもでられたそうです。
Commented by ぶーすけ at 2008-11-30 14:22 x
ここは私も行った事ある~♪

美味しかったです


Commented by yumicyama2 at 2008-12-02 22:19
★ぶーすけさん
結構有名なお店だったんですねぇ~
知らなかったですぅ・・・・・
<< 「地鶏地魚の和風創作居酒屋 a... 「井戸坊」 イタリアン 高田馬場 >>