「グールディング博物館」 モニュメントバレー 【その13】

モニュメントバレー唯一の宿の隣には、
プールと博物館があります。

小さめのプールがあるのですが、
私たちが滞在している期間中は
誰も使用していませんでした。

そして、入場料は投げ銭程度で見学できる
グルーディングス博物館があります。
f0128714_294355.jpg





博物館の前には、カップルが記念写真をとるのにぴったりな
ハート型の星条旗があり、
f0128714_265778.jpg

モニュメントバレーをみることができます。
f0128714_28169.jpg

その昔、モニュメントバレーの景色に魅了されたご夫婦が
この土地を購入しナバホの人々の信頼を徐々に得てできたのがこのロッジ。

アメリカに大恐慌がやってきた際に、
ナバホの人に役に立ちたいと思ったご夫妻が、
ハリウッドの映画会社のロケ地として使用してくれるように
根気強く交渉したそうです。

この交渉が成功し、
日本でも有名な「駅馬車」
作られることになったのです。

今ロッジとして使用されている場所は、
当時はまだありません。
この当時使われていた宿は、
現在博物館として公開されています。

1900年初めのころの交易所を復元した部屋から始まり、
ナホバの人の生活を写した写真が展示してあります。
f0128714_2103893.jpg

2階へ上がると、当時の家族の団らん場所として使われたリビング、
f0128714_2112477.jpg

そして多分女の子の部屋だったと思われる
f0128714_212576.jpg

可愛らしいお部屋も展示してありました。

そして、最後にはモニュメントバレーで
撮影された映画に関した展示です。

テレビでは「駅馬車」の映像が流れ、
壁にはポスター、
お部屋の中心にはパノラマがあり、
どの場所で何の映画が撮影されていたのかが
記されています。

このパノラマを見ながら、
過去に見た映画と、
前日のバレー見学を思い出しながら
楽しい時間を過ごすことができました。

upしているアメリカ旅行紀の全体を見たい方は tagsの「2008年 アメリカ旅行」をクリックしてください
[PR]
by yumicyama2 | 2008-11-23 02:03 | ちょっとそこまで♪
<< 「いづな」 鉄板焼き 高円寺 「グールディングロッジ」 レス... >>