「グールディングスロッジ」 モニュメントバレー 【その11】

モニュメントバレー唯一の宿が
「Goulding's Loge(グールディングロッジ)」です。
f0128714_216331.jpg

モニュメントバレーの入口とは反対側に
数マイル行った場所にあります。




予約が取り難くいこの宿は、
キャビン、ロッジ、モーテルの3形式。

モーテルタイプのお部屋は大きな岩の真下の棟と、
一段下の棟の2つ。
真下の棟は毎日のように岩が落ちてくるらしいです。
f0128714_218351.jpg

私たちが宿泊したのは、
岩の真下の棟ではなく、
一段下の棟で部屋から公園をすべて見渡せて絶景です。
f0128714_21523389.jpg

お部屋はワンベットルームのみ。
f0128714_21531682.jpg

ちょっと広めのビジネスホテル風ですね。
f0128714_21535398.jpg

お風呂とトイレはもちろん同じ部屋。
f0128714_21542795.jpg

でも、洗面所は広めでした。

私たちのお部屋の前からは、
バレーツアーの車が出ていました。
f0128714_2155268.jpg

このお宿のよいところは、
お部屋から大平原とモニュメントバレーの遠望が見えること。
f0128714_21561974.jpg

Navajo族の習慣として、
建物は日の昇る方向にドアや窓をつけるそうです。
ベランダから見える景色はスバラしぃー

夕方、夕日が岩肌に日の光を
徐々に低い位置から照らしていきます。

光の当て方で表情が変わる姿は、
いつまで見ていても飽きません。

日が沈むと、モニュメントバレーの後ろから
丸い月が顔をだします。

朝は、モニュメントバレーの後ろから日がでてくるため、
地平線付近から徐々に明るくなってくるのですが、
岩肌は真っ黒く、どっしりと大地に鎮座してます。
f0128714_21592037.jpg

f0128714_220412.jpg

そんな姿をコーヒーを飲みながら
だまって見ていました。
f0128714_222402.jpg

本当贅沢な時間です。

upしているアメリカ旅行紀の全体を見たい方は tagsの「2008年 アメリカ旅行」をクリックしてください
[PR]
by yumicyama2 | 2008-11-18 21:47 | ちょっとそこまで♪ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9730011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「桂」 割烹 高田馬場 「モニュメントバレー」 【その10】 >>