ボジョレ解禁!

今年も11月の第3木曜日がやってきました。
ワイン好きじゃなくてもお祭り大好きな人なら、
グラス1杯くらいはワインを飲みますよね。

日本で最初にボジョレ・ヌーボーを口にできるこの日。
最初にお祭り騒ぎを始めたのっていつからなんだろう?

昔は、テレビの生放送で
その瞬間を番組にしていた局は多かったけど、
近年そんな番組みなくなりましたよねぇー

とはいっても、輸入量 は5年以上世界のトップという人気だそうです。

毎年ルロアとパカレを購入していたのですが、
今年はちょっと変わったボジョレーを発見しました。

2008年の我が家のボジョレ解禁ワインは、コレ!
「Beaujolais-Villages Primeur Selection de Vieilles Vignes de 100ans 2008
(ボジョレ・ヴィラージュ・プリムール セレクション・ビエイユ・ブィーニュ・ド・サンタン)」

f0128714_22495541.jpg

f0128714_22501610.jpg

ボージョレワイン委員会会長歴任のカナール氏が生産する、
なんと樹齢100年の葡萄樹から造られる門外不出とされていた
幻のワインで、フランスの三ツ星レストランも絶賛しているらしいんですよぉ。
というセールストークを聞いて、
お祭りに飲むワインはこれしかないね!
ということで即購入しちゃいました。

ボジョレーのボトルって、凄くド派手なラベルか、
お値段が高いものはシンプルなラベルですよね。

しかし、このボトルは
年配の男性がワインの樽にもたれかかり、
左手にはワインを利き酒する器をもっている
この写真・・・・

ちょっと胡散臭い?

ボジョレーに限らず樹齢100年のワインって
美味しいのでしょうか?

ラベルに書かれた年号は瓶にいれらた年数ですよね。
ブドウの樹齢なんて考えたことがなかったなぁ~
[PR]
by yumicyama2 | 2008-11-20 23:33 | 今宵の酒場 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9713595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「千夢伽(ちゆか)」 中華 高田馬場 「西櫻亭」 洋食 新宿 >>