「マーサポイント」 グランドキャニオン 【その7】

前日ののサンセットはちょっと失敗してしまいましたが、
「Mather Point(マーサポイント)」でサンライズをみることに。
f0128714_1330735.jpg

マーサーポイントのマーサーは、
この地区に貢献した人の名前から来ているそうです。

日の出20分前にマーサー・ポイントに到着すると、
すでに多くの人達が集まっています。 

やがて東の空が徐々に明るくなり、
いよいよサンライズの始まりです。
f0128714_6453165.jpg




f0128714_6474360.jpg

f0128714_6502958.jpg

f0128714_652492.jpg

f0128714_6532831.jpg

日の出とともに対岸のノースリム上部の岩壁が青紫に色好きはじめ、
オレンジカラーに輝らされるとどんどんと渓谷に下り周りの岩も染まってきます。
f0128714_6543896.jpg

渓谷の地形に影が付き始めると、
どんどんと変化して行きます。

皆「わぁ~」という歓声とともに、
f0128714_6554568.jpg

この感動を写真に収めようという人がほとんどでした。
f0128714_6565391.jpg

渓谷の底まで日の光が届くと、
先ほどまで寒かった気温も徐々に上昇していきます。

世界遺産にもなっている
アリゾナ州北西部にあるグランドキャニオン国立公園。
コロラド川の流れが数億年という長い歳月をかけて
渓谷を浸食してできたものです。
f0128714_657593.jpg

渓谷の最大幅は30キロメートル、
深さ1600メートルに達するところもあるらしいのです。

自然ってすごいですよねぇー
長い歳月をかけてこんなモノを作ってしまうんですから。

通常グランドキャニオンに訪れ展望台から目にするのは、
全長460 キロにおよぶグランドキャニオンのほんの一部。

それはもったいない!
もっとグランドキャニオンを楽しみた~い。
と思うあなたにお勧めなのが、
谷底へ向かうトレイルのハイキング。
f0128714_6591684.jpg


深さ1600メートルの距離を1日で往復できるわけ・・・
ないですよねぇ・・・

この谷底に1件だけ「Phanttom Ranch(ファントムランチ)」
という宿があります。
「ファントムランチ」は大人気の宿なので、
予約を取るのが難しいらしいです。

足腰が丈夫なうちにいつかは行ってみたいなぁ~

綺麗なサンライズを見た後は、
お楽しみの朝食です。

upしているアメリカ旅行紀の全体を見たい方は tagsの「2008年 アメリカ旅行」をクリックしてください
[PR]
by yumicyama2 | 2008-11-08 06:48 | ちょっとそこまで♪
<< 「ブライトエンジェルロッジ&キ... 「ヤバパイロッジ」 グランドキ... >>