「ル・マンジュ・トゥ」 フレンチ 神楽坂

会社で「第2回美食の会」の会場となったのが、
「ル・マンジュ・トゥー」
f0128714_8381596.jpg

ちなみに第1回は新人歓迎会の後、
なぜか分からないけど、集まったメンバーが酔った勢いで
勝手に第1回と名づけて2次会をやったのが始まりです。

ル・マンジュ・トゥーオーナーシェフ谷昇は超有名人。
以前テレビで彼の生活を番組にしていたのを見たのですが、
掃除のオニといっていいほどピッカピカ~
にキッチンを掃除していたのが印象的。
そして、「単純に仕事が終わることはない」
ということでほとんどお店に寝泊まりされているそうです。




こちらのお店は、同じ食材を単純に提供するではなく、
お客さんをみて料理方法を変えて提供するらしいんですよぉ。
私たちには、どのような調理方法の料理が提供されるのか楽しみ♪

店内は1階が厨房になっていて、
シェフのにこやかな笑顔に出迎えられます。

そして、2階へ。
店内は決して広くはなく、
席数わずか14席。
予約が取り難いのがわかります。

料理はおまかせコースのみで12,600円(税込み、サービス料10%別)。
前菜5皿(魚料理も含む)、メイン1皿、デザート2皿の構成になっています。

まずは、グラスシャンパンで乾杯です。
こちらはグラスといっても銘柄が決まってなく、
その日によって1400~2000円の間で出されているそうです。

この日お食事のお供は、
シャンパン1杯、白ワイン2本、赤1本、
そして〆で食後酒としてカルバトスまで飲んじゃいました♪

5人という人数なのに、
飲みがちょっと少ないように思えたのは私だけ??

では、シェフのおまかせコースいってみよ!

まず、テーブルに運ばれてきたのはパン。
f0128714_8431667.jpg

これが結構美味しいんですよぉー
でも、これから始まるコース料理の量を考え、
この日はあまり食べないようにしました。

1皿目:食前酒
食前酒としてグレープフルーツジュースに
香草のお酒を泡立てたものがだされました。
さっぱりしていて、
美味しいというか、
不思議なお味でしたぁ~

2皿目:エスカルゴの串揚げ、フォンドボーソース
f0128714_8304456.jpg

串に刺さったエスカルゴが登場。
これがいい味なんですよぉー
こらだけでお酒が何杯も飲めちゃう。

3皿目:コンソメジュレとフォアグラのムース・サマートリュフ添え
f0128714_8311744.jpg

うさぎ、鹿等あまり家庭では使わない食材でとったコンソメ。
そしてそのしたにはフォアグラのコンフィ。
それだけでも豪華なのですが、
黒トリュフ、サマートリュフ等が加わりとっても味わい深かったです。

4皿目:帆立貝のムース フローレンス風
f0128714_8314817.jpg

お刺身でも食べられるというホタテを
表面だけ焼き、ゴウゴンゾーラチーズをベースにした
ソースがかかった1皿。
ゴルゴンゾーラのソースなんてウマスギィー
これがメインで終わってもいいくらいですぅー

5皿目:カボチャのスープとカボチャ
カボチャをうらごし、スティック状にしたものを、
これまた、カボチャのスープの中に添えられた1皿。

6皿目:蕪のグラタン仕立て
2人で1つということで出てきたのですが、
なめらかで、濃厚な味わいは、
ワインに合います。

7皿目:ぐじ(甘鯛)の松笠フリット イカ墨のソース
f0128714_8463156.jpg

サクサクとした食感と、イカ墨の濃厚ソースが
赤ワインとピッタリ。

8皿目:豚肉の煮込み イチジクのジャムと黒トリュフを添えて
確かに美味しかったのですが、
私にはちょっと脂ののりが良すぎた・・・
単品なら完食も可能だったと思うのですが、
残念ながら残してしまいましたぁ・・・
(もったいなぁーい)

デザート1:パイナップルとマンゴー
四角にカットされたフルーツを
カクテルグラスに入れての登場。
マンゴーの熟成した甘味と、
パイナップルの酸味が濃厚な味のメインにピッタリ。

デザート2:チョコレートケーキ
f0128714_8342119.jpg

このチョコレートを1口食べて・・・
これは食後酒を飲まなくては!と思い、
「カルバトス」を注文。

やっぱり、チョコレートとカルバトスの相性はバッチリです♪

コーヒーとプティフル
f0128714_83598.jpg

まだでるか!
お腹いっぱいですぅー
といいつつ、コーヒを頂きながら、
プティフルをつまんでしまいました。
オレンジピールがとっても美味しかったです。

階段を降りて、シェフにご挨拶をし外に出ると、
スタッフの方が全員で外までお見送りをして下さいました。

メニューはありませんが、
予めお願いしておいと食後に
手書きのメニューを頂くことができます。


予約は訪問日の丁度1ヶ月前から受け付けており、
料理に選択肢は無いため、
予約する前に現在のコースの内容を確認するといいですよ。


----------------------------
「Le Mange-Tout(ル・マンジュ・トゥー)」
http://www.le-mange-tout.com/
住所:東京都新宿区納戸町22
電話:03-3268-5911
営業時間:18:30~21:00(L.O)

ル・マンジュ・トゥ ( 牛込神楽坂 / フランス料理 )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ


[PR]
by yumicyama2 | 2008-09-10 19:42 | 今宵の酒場 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yumicyama2.exblog.jp/tb/9017459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a__whitewhite at 2008-11-17 22:51
はじめまして。
とっても素敵なお料理たちを拝見いたしました。
東京は遠いけど、このお店いってみたいナーって思いました。
お掃除の鬼といっていいほどのシェフがいらっしゃるお店を見てみたいですね。私もお掃除大好きですから!
Commented by yumicyama2 at 2008-11-20 18:35
★a__whitewhiteさん
コメントありがとうございます。
こちらのお店は今年もミシュランで☆☆を獲得したので、
是非いってみてください。
<< 「OUTSIDER」 バー 高田馬場 「志むら」 甘味処 目白 >>