「賛否両論」  和食  恵比寿

マスコミへの露出度が高く、
予約がとり難いお店のひとつである
「賛否両論」へ行ってきました。
f0128714_1644120.jpg

最寄り駅である恵比寿駅からは、
ちょっと離れていて、
初めて行くときには
見つけ難い?場所にお店はあります。

今回は予約時点ですでに満席とのことで、
2回転目、つまり22時近辺でなくては駄目・・・・
とのこと。
なんてことでしょう・・・

ここは恵比寿。
気軽に立ち寄れる
スタンディングバーも多くあります。

でも今回は賛否両論近くにある「Bar Tatsumi」で電話を待つことに。


かんぱぁ~い!
とばかりにお酒の仕込み
2杯目を飲んでいると、
携帯のブルブル振動がする音。

23時やっと入店が許されました!



店内はカウンターと
テーブル席が1つ。

客層は女性がほとんど。

さぁ~てどうしましょうかぁー
程よく酔いも回っているし、
腹ペコ状態も通り越して
つまみモードに。

ここは通常5000円のコースのみで、
22時以降になると、
上記のコースより少なめの3000円のコース。
そしてアラカルトも注文できる。

料理の予習はいろんなブログを見てきたので、
何がこの店で飲めるのかが気になる。

やっぱり和食は日本酒ですかねぇ~
とばかりに本日ご飯のお供をしてくれたのが、
「ばくれん」「飛露喜」
どちらもしっかりとした味わいの酒です。
そのため、本格的な京料理には
ちょっと合わないかもしれませんが、
しっかり味の和食には合うと思います。

一緒にいった友達は「飛露喜」
をお気に入りということで
このお酒を中心に食事を進めました。

さて、コースの開始!
店主曰く、3000円を選択しても、
お腹の具合をみて後から5000円の選択も可能とのこと。

今回私は3000円コースを頂きました

1品目【タラバガニと九条ねぎの茶碗蒸し】
f0128714_15553929.jpg

普通に美味しかったです。
見た目もカニがいっぱいのっている訳でもなく、
本当普通に美味しく頂けました。

2品目【河豚と海老芋の揚げ物】
f0128714_155622100.jpg

これはですね・・・・
あえて駄目だしさせて頂きます。

河豚でこの量の揚げ物ならば、
できることなら、骨なし、もしくは、
ほんの少量の骨であって欲しかった・・・

味はちょっと濃い目だったような気がしました。
でも、お酒を飲みながらなら
つまみとして食べるのには丁度よいのかな?

3品目【大根のしんじょうと甘鯛のおわん】
f0128714_1556114.jpg

大根ということもあるのか、
海老とか、出しがでそうな具材と一緒につくられたより
サッパリしていました。
ダシの味がしっかりしていたので、
お酒と一緒でも負けてません。

4品目【白身魚と梅肉ソース】
f0128714_15564255.jpg

山芋が千切りでしたに敷き詰められ、
その上にお魚、
そして梅肉ソースがかけられいるサッパリとした一品。
通常のコースなら10品ということを考えると、
途中で酸味がある料理がでると
舌にも変化を与えられていいですね。

しかぁ~し、
この料理は焼酎、日本酒には合うと思うのですが、
ワインにはちょっと合わないのかな?と思いました。

5品目【サーモンの西京焼き】
f0128714_15565950.jpg

うっすらと味噌の味がして上品なお味。
西京焼きといえば白身魚というイメージでしたが、
脂がしっかりしたサーモンも、
ちょっと物足らない感じもしましたが、
美味しく頂けました。

6品目【デザート】
f0128714_17433817.jpg

女心を喜ばせるような
嬉しいデザート食べ放題!?

2人で全種類の注文をしちゃいまいした。
どれも美味しく頂けましたよ!

この日はさすがに3日間3時間睡眠。
そして、朝食べて寄るご飯が23時。
Barでの仕込み有りというとってもスゴイ生活だったので、
後半酔っ払い状態で
一緒だったお友達にも
「大丈夫?」を連呼されるくらい。
やっぱり美味しいところに行く時には
お年頃も重なって、体調を万全にしていかないと
だめになってきましたね。

全体的な感想として、
美味しかったです。
でも、カウンターの場合、
隣の席との間隔がないので、
ちょっと窮屈に感じました。

あと、気軽に入れるお店なら、
とってもよいと思うのですが、
一見で予約する場合
の時間的なコストを考えると・・・・

でも、恵比寿という場所、
そして3000円のコース料理と考えると
お得な価格設定なのかもしれません。

5000円のコースは一緒にいったなおちゃんが
ブログにアップし次第こちらにもリンク張りますね!

≪予約のお話≫
予約は通常1ヵ月前から電話予約ができます。
しかぁ~し、
来店者は2ヵ月先までの予約が可能です。

そのため、大切なお客さまと一緒に行く場合は、
初回行った時に予約をして、
2回目の来店時に接待した方が
よいのかもしれません。

他のブログで
「電話の接客態度がよくない」
と書かれていたものがありました。

電話の対応は
ハキハキ元気印という訳でもなく、
趣のある話かたでもないため、
どちらかというと
事務系の対応という感じです。

実際その彼女を見たときも、
とっても冷静な印象を感じるかたでした。

今度訪れる時はもう少し早い時間帯で、
そして万全の状態の時に訪れたいです。

------------------
「賛否両論」
■TEL:03-3440-5572
■ADDRESS:東京都渋谷区恵比寿2-14-4 太田ビル1階
■OPEN-CLOSE:18:00~2:00

賛否両論 ( 広尾 / 会席料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


[PR]
by yumicyama2 | 2007-01-13 00:30 | 今宵の酒場
<< 「Tatsumi」 Bar  恵比寿 「大法院」  日本蕎麦  白馬 >>