「 鼎 (かなえ)」 居酒屋 新宿

知人との待ち合わせで、この日訪れたのが「鼎」
新宿近辺では有名な居酒屋さんだそうです。
f0128714_23554785.jpg





お店の入口をやっと見つけ、一歩建物の中へ入ると、
目の前には急な階段が出現。
その階段を降りていくと
重厚な木製の扉が現れます。

その扉を開けてみると・・・・
そこには、日本酒好きのための
オアシスが広がっているじゃないですか。

店内は昭和初期のレトロの雰囲気で、
入口の狭さからは想像できないくらいの広さ。
こんなご時世でも19時を過ぎると満席です。

ドリンクメニューをみてみると、
有名どころの日本酒がずらぁ~り。

どれを飲もうか迷った結果、
最初のお酒は田酒 特別純米をチョイス!
田酒は、人気のお酒ですが、
小さな蔵ということもあり
有名な割には置いているお店が少ないんですよねぇ。。。

だから出会えると嬉しくなっちゃう。

お酒を注文し運ばれてきた酒器をみてビックリ。
f0128714_20161916.jpg

陶器の片口に入れて運ばれてきたじゃないですか。
それも2合で注文したため、
2人用のテーブルを占領してしまいそうな大きさです。

ビックリしている私をみると店員さんが、
「ウチは昔から全てのお酒をコレで出しているんですよ」
と教えてくれました。

1合の片口なら手にすっぽりはハマっていいのでしょうが、
2合の片口は大きすぎるよなぁ~

でも、何かコダワリがあるんでしょうねぇー

お酒がきたところで、久々の再会を祝して乾杯!

こちらのお料理は、魚系が多い。
そして季節を意識したメニュー構成になっているのも、
嬉しいですねぇー

まず1品目「かつお」
f0128714_20161940.jpg

薬味とニンニクがたくさんのったカツオはウマイ!
お刺身はフルーティーなお酒にも、
しっかりしたお酒にも合いますねぇー

2品目「ホタルイカと筍の卵とじ」
f0128714_20162036.jpg

今旬のホタルイカと筍を使った1品。
シャキシャキとして筍の歯ごたえと、
ホタルイカのワタのうま味がたまらない1品。

3品目「山菜の天ぷら」
山菜の独特の苦味と、天つゆの甘さが、
日本酒に合いますね。

このあと、雪漫々出羽桜酒造等を飲んでいると
タイムアップ!

週末は2時間の時間制限があるそうです。
もっと飲みたいお酒がいっぱいあったのになぁ~

残念。

鼎の肴は、濃い味付けではないのですが、
お酒にあうような味付けになっています。

そんな料理をだすから、
新宿を代表する居酒屋!と言われるんでしょうね。



◆「 鼎 (かなえ)」
http://www.kanae-3.com/
住所:新宿区新宿3-12地下1階
電話:03-3352-7646
営業時間:17:00~24:00 休年末年始

鼎 ( 新宿三丁目 / 和食一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ


[PR]
by yumicyama2 | 2009-05-03 20:16 | 今宵の酒場
<< 「酒茶論」 古酒バー 品川  「Zum-einhorn (ツ... >>