「Zum-einhorn (ツム・アインホルン)」 ドイツ料理 六本木 

ドイツにとっても詳しい方が、
ドイツ人も通い詰めるというドイツレストランが
六本木にあると話してくれました。
そんな話を聞いてしまったら行かなくちゃいけないでしょ!

ということでドイツ人一押しのお店
「Zum-einhorn」へ行ってきました。
f0128714_1843252.jpg




店内は、入口付近にバーカウンターがあり、
ひとりで呑みたい人にピッタリ。
f0128714_1846594.jpg

奥はテーブル席と、個室があり
テーブル席の方は全席禁煙だそうです。
f0128714_18472510.jpg

日本で春の味覚といえば、筍、たらのめ等がありますが、
ヨーロッパの春の味覚といえば「ホワイトアスパラ」

席に着きメニューを見ていると
フロアー担当のマダムが
この時期はホワイトアスパラを食べなきゃ損とばかりに、
大きなアスパラを見せてくれました。
f0128714_18475049.jpg

でも・・・・
私・・・・・
ホワイトアスパラってあまりいい印象がないんです。

子供の頃アスパラといえば、
缶詰に入ったホワイトアスパラ。
このアスパラをマヨネーズをつけたり、
グラタンにしてよく食べていました。
というより食べさせられてました。

でも、食感がフニャァ~としてるのに繊維質すぎてイマイチ。
御馳走を食べているという感じではありません。

「Zum-einhorn」のお食事は、
私のホワイトアスパラの印象を変える日となるのでしょうか。

まずはビールでカンパ~イ!
f0128714_18501387.jpg

f0128714_18504816.jpg

流石ドイツ、種類が豊富で、
グラスはビールが引き立つような形になっていました。

ビールのグラスをよく見ると
面白い印がついています。
f0128714_18514129.jpg

ラインの上に「0.3ℓ」との数字。
ココまでちゃんとビールを入れなくちゃダメだよぉ~という印だそうです。

そして、今宵のワイン。
最近は辛口でドライなワインも作られるようになったようですが、
本日頂いたワインは、2本ともフルーティーな味わいでした。
f0128714_185475.jpg

本日の1皿目は”ソーセージ”です。
●フランクフルタソーセージ ザワークラウト添え
f0128714_18543832.jpg

●ミュンヘンのホワイトソーセージ ザワークラウト添え
f0128714_1855066.jpg

ドイツとえば”ソーセージ”そして、
必ず付け合わせででてくる”ザワークラウト”

味はもちろん美味しかったのですが、
ホワイトソーセージの食べ方にビックリ!

現地では、ホワイトソーセージのまわりについている
薄皮を取り除いて食べるそうなんです。

皮と一緒に食べても柔らかな食感なのですが、
皮を取り除いて食べると”なめらか”というか、
より柔らかで優しい食感になります。

「フランクフルタソーセージ」は噛みしめた時のパリッっとした食感と、
噛みしめる度にうま味のあるジュースが口の中に広がり美味しかったです♪

付け合わせに必ず付いてくる”ザワークラウト”
これまで何度か食べたことがあるのですが、
酸味が強すぎでイマイチ苦手でした。
しか~し、こちらのは甘味と酸味のバランスがいいんですよ。
お酒の”おつまみ”にピッタリ!

●スモークサーモンのいタルタル風
f0128714_18582331.jpg

タルト生地の上に数種類の香草とサーモンがミックスされたものがのせられ、
それ程変なクセがなく比較的サッパリと頂けました。

●スープ
 ドイツ滞在経験者は「マウルタッシェンスープ ドイツのパスタ入りスープ」
f0128714_192730.jpg

 その他の人は「ホワイトアスパラガスのクリームスープ」をチョイス♪
f0128714_1925128.jpg
 
 ホワイトアスパラのスープは、
 スープの中には程よい大きさにカットされたアスパラが入ってました。
 見た目よりサッパリしていて、アスパラの甘味が感じられるスープでした。

そしてヨーロッパの春の味覚「Spargel(ホワイトアスパラ)」
●ホワイトアスパラガス 生ハム添え 
f0128714_1951133.jpg

ジャジャァ~ン♪ 
f0128714_1954153.jpg

ものすごいジャンボサイズのアスパラの登場。
ソースはヨーロッパでアスパラを食べる際に添えられる
クラシカルなオランデーズソース。
卵黄とバターをベースにしたソースです。
f0128714_1972544.jpg

ホワイトアスパラはグリーンアスパラよりジューシー。

ここのレストランのオランデーゼソースは、
口に入れるといろいろなフレーバーがほのかに感じれ、
そこにバターの濃厚な香りが包み込み優しい味でした。

●アイスパイン ザワークラウト添え
f0128714_1994625.jpg

食べ応えのあるお肉の登場!
大きなお皿にドカァ~ンと骨付きお肉です。

お肉は、骨からホロホロと取れとっても柔らかく
さっぱり頂けました。

食べ終わった後には、
大きな骨がゴロリとお皿に残ります。

犬を飼っている人がいると、
お土産として持たせてくれます。
お家でよいこに待っているワンコには
嬉しいプレゼントですね。

最後は女性に嬉しいデザートです。
ホールごと全種類テーブルにもってきて、
この中から選ぶように促されるのですが・・・・

どれも美味しそうで選べない。。。
と悩んでいると「少しづつ全種類盛り付けましょうか?」と何とも嬉しい提案です。

そして全種類のデザートが盛りつけられたお皿には、
f0128714_19135743.jpg

ペガサスが描かれてました!
f0128714_19142593.jpg


ヨーロッパでは、「シュパーゲルを食べないと春が来ない」
と言われているだけあり、
本当に美味しいホワイトアスパラでした。

お店のお料理はとっても上品で、
お値段はちょっとお高め。

でも、缶詰の味しかしらない人は、是非一度食べてみてください。
また、食べたくなっちゃいますよ♪


※デザートの絵はお店の名前にちなんで「一角獣」をイメージしたのではないですか?とのご指摘がありました。
  ドイツ語で「アイン(ein)」は「ひとつの」、「ホルン(horn)」は「角(つの)」という意味だそうです。
  なるほどぉ~ 勉強になりました。
 


◆「Zum-einhorn (ツム・アインホルン)」
http://www.zum-einhorn.co.jp/
住所:東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル B1F
電話:03-5563-9240
営業時間:11:30 - 22:00 休日祝

Zum Einhorn ( 六本木一丁目 / ドイツ料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ


[PR]
by yumicyama2 | 2009-05-01 23:39 | 今宵の酒場
<< 「 鼎 (かなえ)」 居酒屋 新宿 「GINKGO (ぎんきょう)... >>